糸でリフトアップをする|日焼けした肌にも使える最新にきび跡施術!

日焼けした肌にも使える最新にきび跡施術!

糸でリフトアップをする

鏡を見る婦人

効果を伸ばすには

その人の外見年齢を増やしてしまうのが、顔に現れるたるみの存在です。フェイスラインが崩れてしまう前に顔のリフトアップをするといいでしょう。ダウンタイムの少ない、糸を使ったリフトアップが現在は人気を集めています。その人気ぶりを受けて、糸の材質や止め方などが異なる様々な治療法が登場しています。どうせなら一回の治療で、その効果が長続きする方がいいに決まっています。特に顔は表情筋を頻繁に動かすので、長期的なたるみ改善効果を望む場合は伸縮性の高い糸の方がいいのです。従って切らないタイプのリフトアップ以外だと、スプリングスレッドという方法が適していることになります。この方法は、伸縮性が高く溶けない糸を使うからです。

負担がない方法へ

以前は顔にたるみが出た時は、メスを使って切るリフトアップが主流でした。しかし、ダウンタイムがあるなどの問題があることなどから次第に身体にリスクの少ない方法へとシフトするようになりました。それが糸を使ったリフトアップです。糸を使うたるみ治療は二つに分類できます。一つが糸で顔のたるみを引き上げる方法であり、もう一つが糸を皮膚に埋め込んで引き締める方法です。いずれも場合でも顔のたるみを解消することで、外見の年齢を5歳から10歳は若返らせることに成功するでしょう。糸の種類から見た場合は、3つに分類することができます。とげがあるタイプとコーンがあるタイプ、そして輪がついているループタイプです。それぞれに特徴があります。