注入するだけの美容整形|日焼けした肌にも使える最新にきび跡施術!

日焼けした肌にも使える最新にきび跡施術!

注入するだけの美容整形

男女

注入治療の注意点

切らない若返り系の注射は美容皮膚科でも人気です。注入系ならヒアルロン酸、コラーゲン、レディエッセ、アクアミドなどがあります。すべて形を作りやすい充填剤で、皮下組織に入れることでしわやたるみを埋めることができます。注入治療で使用する充填剤は、似ているようでいてそれぞれで特徴が違います。美容皮膚科でこうした注入治療をする場合は、充填剤の特徴をよく知っておく事が大切です。基本的に分解されやすいと持続力が弱く、分解されにくいと持続力が高くなります。美容皮膚科で人気のヒアルロン酸は、分解されやすい性質を持っています。しかし、持続力を高めるために他の分解されにくい物質を混ぜている所もあるので注意が必要です。

流れを知っておくと便利

注入治療をする前に必ずカウンセリングをします。どこにどれだけ注入するのか、医師と相談しながら決めていきます。そして注入をする前にメイクを落とします。痛みを和らげるために麻酔クリームなどを塗る場合もあります。麻酔クリームは麻酔効果が出るまで30分ほど待つ必要があります。麻酔がしっかり聞いたら治療を行います。治療は椅子に座ったままできます。治療時間はほうれい線なら5分〜10分ぐらいです。麻酔が効いているので痛みはありませんが、人によっては違和感を感じる場合があります。注射をしたあとはすぐに化粧ができます。ただし、腫れや赤みがある場合は避けたほうが無難です。治療は一回で終わりですが、美容皮膚科によっては1ヶ月後に経過観察をしてくれます。